共同購入サポートシステム

共同購入サポートシステム

東急Re・デザインの「共同購入サポートシステム」とは・・・

東急Re・デザインの「共同購入サポートシステム」とは・・・

同じマンションにお住まいの方に、
管理組合を通じて一斉に購入希望者を募り、
共同購入のメリットを出す方法です。
東急Re・デザインは、みなさまの共同購入をサポートいたします。

同じマンションだから、お客様のお悩みやニーズが類似 同じマンションだから、お客様のお悩みやニーズが類似

共同購入のメリット

共同購入のメリット

マンション内でまとめて申し込みすることで、お求めやすい価格で購入できます。
マンション内でまとめて申し込みすることで、お求めやすい価格で購入できます。
人件費・資材運搬・養生費 等が抑えられる
人件費・資材運搬・養生費 等が抑えられる
東急コミュニティーグループの東急Re・デザインだから、管理組合との連携もスムーズ。
東急コミュニティーグループの東急Re・デザインだから、管理組合との連携もスムーズ。

共同購入システムの流れ

共同購入システムの流れ

  • ご提案ご提案

    築年数、アンケート結果、
    改修・問題発生履歴等から
    最適なメニューをご提案

  • 調査調査

    管理組合やお住まいの方の
    ご協力の元調査実施。
    理事会にて結果のご報告

  • プランプラン

    マンションごとに共同購入の
    ご提案プランの作成

  • 居住者説明会購入者募集居住者説明会購入者募集

    居住者の方への説明会、
    またはチラシ等でのご案内にて
    共同購入の募集

  • 一括工事一括工事

    スケジュールを組み各戸にて
    リフォーム工事を実施

  • お引渡しお引渡し

    ご利用開始後、工事費用のご請求、
    アフターサービスの開始

ご相談事例

ご相談事例

金属製配管を〔樹脂管〕に変更する工事です。
金属製配管を〔樹脂管〕に変更する工事です。
メリット1  水をきれいに
市販のミネラルウォーターと比べてお水が濁っていませんか?
市販のミネラルウォーターと比べてお水が濁っていませんか?

築25年以上の配管は金属製が多数。管内のサビや接続部分の劣化が心配されます。

金属製の配管
メリット2 漏水事故を防止
メリット2 漏水事故を防止

他の住戸で漏水事故はありませんか?

築年数と主な使用管材変遷
築年数と主な使用管材変遷

もしも配管から漏水したら
被害は主に下階の居戸に及びます。

下階の居戸に漏水したイラスト

専有部内配管の水漏れは、漏水を起こした住戸の方に損害賠償責任があります。

  • 漏水の写真
  • 漏水の写真

東急Re・デザインのおすすめする配管更新工事

腐食しにくい樹脂管に変更
腐食しにくい樹脂管

水道メーターから各設備への給水管や給湯器から各設備への給湯管を新しくする工事です。
(工事をするための開口を開け、キッチン等の設備機器を外し、配管更新を実施。)
配管のルート、開口箇所、復旧方法等は、個別調査にてお部屋の間取りや家具の量なども考慮いたします。

樹脂管を採用
樹脂管を採用
工事期間は各戸2~3日
※基本は現在お使いの設備機器をそのまま使用できますが、仕様や劣化状況によってはお取替えが必要な場合があります。

3600世帯以上の施工実績!

豊富な施工実績がある東急Re・デザインにおまかせください。
3600世帯以上の施工実績!

配管のからむ水まわり設備機器交換などは、同時にリフォームすることをお薦めします。

配管のからむ水まわり設備機器交換などは、同時にリフォームすることをお薦めします。

水まわりの設備機器をリフォームと給水・給湯管の交換を別々に行うと、一部交換できない
場所や余計な出費がかかるケースもあるため、専用部の配管更新工事と同時のリフォームを
推奨しています。

グループのスケールメリットを活かして、
有名設備機器メーカーの最新機種をお求めやすくご提供します。

キッチン・浴室・洗面・トイレ・給湯器の写真
キッチン・浴室・洗面・トイレ・給湯器の写真
窓のリフォーム
窓のリフォーム
こんなお悩みありませんか? こんなお悩みありませんか?
窓の複層ガラス普及率の推移 窓の複層ガラス普及率の推移
東急Re・デザインのおすすめするサッシリフォーム
既存枠をそのまま利用して取り付けるカバー工法
東急Re・デザインのおすすめするサッシリフォーム
サッシリフォームのメリット
水密性・遮音性・気密性・断熱性・防露性
サッシリフォームのメリット水密性・遮音性・気密性・断熱性・防露性

東急Re・デザインなら、管理会社と連携し、管理規約、使用細則等の改定についてもご提案いたします。

東急Re・デザインなら、管理会社と連携し、管理規約、使用細則等の改定についてもご提案いたします。

窓(サッシ)は「共用部分」?
窓(サッシ)は「共用部分」?
定価制マンションリフォームシステム